車検切れにならない為に!

車検切れにならないためにはどうしたらよいのか?また、車検に落ちてしまった場合どうなるのか? - 車検時の指定整備工場と認証整備工場の違い

車検時の指定整備工場と認証整備工場の違い

車検を受ける場所として近くの整備工場で受けるという方法があります。
その整備工場には実は2種類あることはご存知でしょうか?
それが指定工場と認証工場です。今回はこの2種類の工場の違いについて紹介したいと思います。

指定工場

指定工場はその工場内で車検をすることができる工場のことを指します。
別名「民間車検場」とも呼ばれ、運輸支局と同じ検査ラインを工場に持っており、国からの指定基準をクリアしないと指定工場を名乗ることはできません。
かなり厳しく検査するので安心して任せることができます。
ここで検査を受けてOKが出たら、必要書類を運輸支局に持ち込むだけで車検証が発行されます。

認証工場

認証工場は指定工場と違い、車検そのものはしていません。
点検・整備はもちろん問題なくしてくれますが、実際に車検証をもらうには運輸支局などで車検を受けないといけません。
ただ指定工場と比べて質が落ちるというわけではありません。
認証工場に関しても作業場や作業機械が一定の規模でないと認められないようになっているからです。
点検・整備の質に関しては指定工場・認証工場関係なく、その工場自体で変わります。
基本的には問題ないですが、不安な方は事前に調査しておくといいでしょう。

どちらも国に認められた工場です

指定工場も認証工場もどちらも国の基準をクリアした工場です。
皆様の目的に合わせて利用すれば全く問題ないでしょう。
また、国の基準をクリアした証としてどちらの工場にもその証がありますので、一度確認してもらえればと思います。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017車検切れにならない為に!All Rights Reserved.