車検切れにならない為に!

車検切れにならないためにはどうしたらよいのか?また、車検に落ちてしまった場合どうなるのか? - 実はたくさんある車検窓口の種類

実はたくさんある車検窓口の種類

車検を受けるときに一体どこに行けばいいのかと特に最初は迷ってしまいますよね。
車検の窓口となっているところは今は実にたくさん存在しています。
そこで今回は車検の窓口となっているところを紹介していきたいと思います。

ディーラー車検

車検の定番と言えばディーラーではないでしょうか?
ディーラーとはトヨタや日産などの車メーカーの新車を販売しているところになります。
新車を購入した方は自分が車を購入したところや同じ名前の店舗や系列店に行くと話が早いでしょう。
ディーラーは店舗の大きさによって整備工場があって、その場で車検を終わらせることもできる店舗もあれば、工場が別の場所にあるという店舗もありますので事前に調べてみてもいいかもしれません。

ガソリンスタンド・カーショップ

規制緩和により、最近増えてきたのがガソリンスタンドやカーショップでの車検です。
これもディーラーと同じで車検をその場所で行ってくれるところもあれば、受付だけのところもあります。
ガソリンスタンドなどはいつも行っているところであれば、安心して任せることができたり、24時間営業のところであれば受付だけなら24時間受けてくれたりなど案外便利に利用できます。

車検専門代行業者

「車検のコバック」や「ホリデー車検」などが有名なのが車検専門の代行業者です。
車検を専門に取り扱っているだけあり、安心して車検を任せることができます。
また、料金などが全店で統一されているので複数回使うときは料金の目安が立てやすいという点もあります。
その日中に車検を終わらせることもできることもあります。

整備工場

「○○整備工場」や「○○モータース」などといった、いわゆる街の整備工場です。
整備工場には、「指定整備工場」と「認証整備工場」の2種類が存在します。指定整備工場の場合はかなり早く車検を済ますことも可能。
工場により技術力にばらつきがあるので、事前に情報収集することをオススメします。

ユーザー車検

その名の通り自分で検査して、運輸支局に持っていく方法です。
法定費用だけで済むのでかなり安く済みますが、車に関する知識と時間が必要となりますので自信のない方は避けた方が無難かもしれません。

自分に合った場所で受付を!

以上のように多くの場所で車検をすることは可能なので、料金や技術力、評判などから自分に合ったところで車検をしてください。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017車検切れにならない為に!All Rights Reserved.